*

今話題のマザーハウス社長@この日本人がすごいらしい

公開日: : 最終更新日:2014/10/26 今日の1枚

先日、7店目がオープン、次は台湾進出だそうで、飛ぶ鳥落とす勢いですごいですねーー。

最初は・・・って感じで思ってましたが、このビデオを観るだけでも、本当に愛を込めて製品をつくってきたんだなーーと思いました。

曲がりなりにも、バングラデシュで「バングラデシュを変える」ことに関わったことがある方なら、「よくぞここまでやった!」と涙無くしては見れないと思います。

ただ残念なのは、日本国内でここまである意味ブランドとして確率されているのに、バングラデシュ国内ではその認知度が低いこと。

ベックストレードなど、縫製関係で世界に商品を輸出している会社もすでにあり、そういった会社は国内でも知られていますが、多分、国内の人々は、そういう「マス」の企業でないと、世界に認めてもらえない、みたいな誤解をしていると思う。

ちがうな。

俺達の商品は世界に負けないけど・・・っていうある意味井の中の蛙的な傲慢さはその辺の靴磨きのおっちゃんも持ってるプライドだな。

まあ結局、誰か外国人がいないと、海外に知られることはできない、みたいな人頼みみたいなところはあるかな・・・

もともと、ダッカモスリンなどを生産できる技術はある民族だと思うので、マザーハウスをいい例に、もっと個々の会社がいい意味でマネをして、世界に出て行ったらいい。

山口社長は、見るからにというと失礼ですが、どこかぶっとんだところがあり、でも愛情深く、しかもまだ独身だそうで、だからこそ、母親の愛情ももってしてここまで投入できるんじゃないかなと思いました。

もっと年上の方かと思っていましたが、まだアラサーなんですね。びっくりです。

本も出ていますので、今度読んでみようと思いました。

関連記事

バングラデシュの猿回し

  ポヘラブイシャクの余韻覚めやらぬ休日、停電で発電機も壊

記事を読む

ピザハットの誕生日の歌

9月の娘の誕生日のときに撮影。 今年の1月、息子の誕生日も同じ歌だっ

記事を読む

おたまじゃくし

マンションの前のなんていうんでしょう? 水たまり?におたまじゃくしが

記事を読む

日本からのゴミ収集車

  どういうふうに活躍しているのかは不明なのでわ

記事を読む

国際トレードフェア 企業のブース

1月一杯、以前チャイナバングラなんちゃらと呼ばれていた会議場で、国際貿易フェ

記事を読む

大きな大きな虹!

雨上がりの夕方、屋上で遊んでいた息子がやってきた。 「ママ

記事を読む

焦げパン?

スーパーでこんなものを見つけた。 中国製か?

記事を読む

air tel の広告

インドの携帯電話会社が参入してきています。 今日、レージェンシーホテ

記事を読む

菊の花 バングラデシュに登場!

  バングラデシュに来た当初は、なんて花の種類が

記事を読む

バングラデシュのような国でこそkindleはじめデジタルブックが活躍する?

昨日、仕事関係で、バングラデシュスタッフのためにHTML5とCSS3の英語版の本を探していまし

記事を読む

  • 管理人

    バングラデシュ情報サイト:bangladesh de matuにお越しくださいまして、ありがとうございます。
    このサイトではバングラデシュの生活情報、バングラデシュ旅行者のためのバングラデシュエリアガイドとしても活用していただけるような情報を提供できるよう、日々精進しています。(2017年6月現在、管理人は日本在住です。)

PAGE TOP ↑