*

カジ・ナズルル・イスラム Kazi Nazrul Islam

公開日: : バングラデシュの用語ミニ辞典

彼は、タゴールと並ぶ、文化創造の旗手。77歳でこの世を去りましたが、詩人としてのみならず、映画、 演劇、音楽、ダンスの創作を手がけたといいます。

独立直後のバングラデシュ。

想像できるでしょうか? すべての面で貧しい国家の中でも、彼は、人間性をテ―マにして、 人々の心に命を吹き込もうとしたのです。

タゴールが良家の出身だったのに対し、イスラムの生まれ育った環境は、下層階級。幼い頃に父を亡くし、 家計を助けるために、小さな食堂で、パンをこねる毎日でした。

普通だったら、そうした下層労働者は、文字も読めないのが普通です。

でも、彼は違いました。わずかな時間を縫うようにして、本を読みつづけたのです。

神様は、そんな崇高な心を持つイスラムを、愛したのでしょう。

毎日来る、近くのホテル駐在警察官が、イスラムの姿を見て、「学校には行ったのか?」と質問し、 そうでないことを知ると、彼は自分の故郷につれて帰り、学校に通わせました。

この警察官こそが、イスラムの第二の生みの親といってもいいかもしれません。

成長した彼は、第二次大戦下でイギリス兵として活躍しましたが、戦時下であっても詩を作り続けました。

天性の画家は、かき続けないと気が狂う。それが、芸術家といいますが、 彼も生まれつきの文学者だったのでしょう。

また、彼は、ムスリムでしたが、ヒンドゥ教徒の妻を持ち、宗教統一の面でも努力していました。

ダンモンディ28通りの中程に記念館(生家)があります。

関連記事

ジアウル・ラフマン(ラーマン)

5月30日は、BNPの創設者であり、バングラデシュの4代目大統領であり、現首相 カレダ・ジアの

記事を読む

タゴール

インドが生んだ詩聖タゴールの142回目の生誕年には、タゴールTシャツなるものも発売され、 にぎわい

記事を読む

シェーク・ムジブル・ラーマン

ボンゴボンドゥ(ボンゴ=バングラデシュ、ボンドゥ=友)の名で、称えられる、シェーク・ムジブル・ ラ

記事を読む

ラマダン

ラマダン=断食とイメージしてしまいますが、実際は、断食を意味する単語ではなく、 ヒジュラ暦での月の名

記事を読む

シェーク・ハシナ

1947年9月28日、ダッカ・ディビジョン(行政区分:日本でいう地方に当たる?) 内のゴパルゴンジ・

記事を読む

ハリーム

ダルと肉を煮込んだこってりスープ。 牛肉、鶏肉、ラム肉などがある。 ラマダン

記事を読む

ヒジュラ暦(イスラーム暦)

ヒジュラ暦が正式名称のようですが、別名イスラム暦ともいいます。 イスラム教社会で使われる暦法で

記事を読む

カレダ・ジア

Begum Khaleda Zia。 名前の前についている、ビーガンは英語で「貴婦人」の意味で

記事を読む

  • 管理人

    バングラデシュ情報サイト:bangladesh de matuにお越しくださいまして、ありがとうございます。
    このサイトではバングラデシュの生活情報、バングラデシュ旅行者のためのバングラデシュエリアガイドとしても活用していただけるような情報を提供できるよう、日々精進しています。(2017年6月現在、管理人は日本在住です。)

PAGE TOP ↑