*

カレダ・ジア

公開日: : バングラデシュの用語ミニ辞典

Begum Khaleda Zia。

名前の前についている、ビーガンは英語で「貴婦人」の意味ですが、要職についている人に、 つけられることが多いようです。

間違っても、ベーグンと読まないようにしなければなりません。というのも、ベンガル語でベーグンは 「なす」を意味するからです。

私も最初は英語知らなくて、ベーグンと読んでいました・・・・。

1945年、8月15日、ディナスプールのビジネスマン街に生まれています。おお、終戦の日ですね。

15歳のときには、ディナスプールの女学校に入学しますが、なんと同年、 夫となるジアウルラーマンと結婚。

早すぎますね?。
1981年、5月30日にジア(夫)は暗殺され、36歳のときに未亡人になってしまいます・・・・。

その後、ジアが立ち上げた、bangladesh nationalist party (BNP) は当時の党首が裁判沙汰になるなど、危機を迎えます

支持率が急低下したBNP、中心者たちは、なんとか勢いを取り戻そうと、策を練りました。

そこで、白羽の矢が当たったのが、妻である、カレダ・ジアだったのです。

ジアの名声や人気を相続できること、みた目の気品高さ、彼女に対する同情票などを利用して、 周りの人は、彼女をBNPの党首として見事、仕立て上げました。1984年、5月10日のことでした。

彼女はリーダーとして、7つの政党と連合を組み、当時の独裁政権に対抗し、 ついにBNPをNo,1政党として復活させ、1991年3月20日、バングラデシュ初の女性首相に選ばれました。

在任中は、初等教育の無償化、義務化、また10学年(16歳)までの女学生の無償教育化等、 特に教育の分野に力を入れてきました。

1996年まで首相を務め、その後、再び2001年から2007年まで首相。

関連記事

カジ・ナズルル・イスラム Kazi Nazrul Islam

彼は、タゴールと並ぶ、文化創造の旗手。77歳でこの世を去りましたが、詩人としてのみならず、映画、 演

記事を読む

ハリーム

ダルと肉を煮込んだこってりスープ。 牛肉、鶏肉、ラム肉などがある。 ラマダン

記事を読む

タゴール

インドが生んだ詩聖タゴールの142回目の生誕年には、タゴールTシャツなるものも発売され、 にぎわい

記事を読む

ヒジュラ暦(イスラーム暦)

ヒジュラ暦が正式名称のようですが、別名イスラム暦ともいいます。 イスラム教社会で使われる暦法で

記事を読む

ジアウル・ラフマン(ラーマン)

5月30日は、BNPの創設者であり、バングラデシュの4代目大統領であり、現首相 カレダ・ジアの

記事を読む

シェーク・ムジブル・ラーマン

ボンゴボンドゥ(ボンゴ=バングラデシュ、ボンドゥ=友)の名で、称えられる、シェーク・ムジブル・ ラ

記事を読む

ラマダン

ラマダン=断食とイメージしてしまいますが、実際は、断食を意味する単語ではなく、 ヒジュラ暦での月の名

記事を読む

シェーク・ハシナ

1947年9月28日、ダッカ・ディビジョン(行政区分:日本でいう地方に当たる?) 内のゴパルゴンジ・

記事を読む

  • 管理人

    バングラデシュ情報サイト:bangladesh de matuにお越しくださいまして、ありがとうございます。
    このサイトではバングラデシュの生活情報、バングラデシュ旅行者のためのバングラデシュエリアガイドとしても活用していただけるような情報を提供できるよう、日々精進しています。(2017年6月現在、管理人は日本在住です。)

PAGE TOP ↑