*

シェーク・ハシナ

公開日: : バングラデシュの用語ミニ辞典

1947年9月28日、ダッカ・ディビジョン(行政区分:日本でいう地方に当たる?) 内のゴパルゴンジ・ディストリクト(県にあたる?)で、ムジブル・ラーマンの長女として生まれました。

彼女は、学生時代、大学生連盟の副連盟長に選ばれています。女性の地位が低 いこの国で、 そうした実績があるということは、かなりのカリスマ性等、あっ たのでしょう。しかも、最終学歴は、ダッカ大学。 学業も優秀であったようです。
 
その後、彼女は核化学者であるMA Wazed Miah博士と1968年に結婚しました。
 
1981年、アワミ連盟の党首に就任(それ以後、変わらず)。
 
1983年には、軍事独裁政治を行っていたエルシャド大統領に対抗して、15の政党をまとめ、政治連盟を結成。
 
1991年には、アワミ連盟は、2番目に大きな野党に成長しています。
 
1996年6月23日、バングラデシュの首相に就任。
 
1996年11月、インドとのガンジス河水共有条約締結、1997年12月、チッタゴン丘陵地域和平協定署名、食用穀物生産増加達成の成功、 多くの国々との相互の関係の改善、ジャムナ橋(ボンゴボンドゥジャムナ多目的橋と命名)の完成等、多くの功績を残し、 世界の各主要機関から表彰を受けています。
 
2001年10月1日に行われた第8の国会の選挙では、BNP(現与党)主導の4党連合が3分の2の議席を獲得し、退陣となりました。
 
が、首相を退いた今でも、現首相に対抗して、日々激しい攻防戦を繰り広げています。

2011年2月追記:現在バングラデシュ首相

関連記事

カジ・ナズルル・イスラム Kazi Nazrul Islam

彼は、タゴールと並ぶ、文化創造の旗手。77歳でこの世を去りましたが、詩人としてのみならず、映画、 演

記事を読む

カレダ・ジア

Begum Khaleda Zia。 名前の前についている、ビーガンは英語で「貴婦人」の意味で

記事を読む

ハリーム

ダルと肉を煮込んだこってりスープ。 牛肉、鶏肉、ラム肉などがある。 ラマダン

記事を読む

ラマダン

ラマダン=断食とイメージしてしまいますが、実際は、断食を意味する単語ではなく、 ヒジュラ暦での月の名

記事を読む

ヒジュラ暦(イスラーム暦)

ヒジュラ暦が正式名称のようですが、別名イスラム暦ともいいます。 イスラム教社会で使われる暦法で

記事を読む

シェーク・ムジブル・ラーマン

ボンゴボンドゥ(ボンゴ=バングラデシュ、ボンドゥ=友)の名で、称えられる、シェーク・ムジブル・ ラ

記事を読む

タゴール

インドが生んだ詩聖タゴールの142回目の生誕年には、タゴールTシャツなるものも発売され、 にぎわい

記事を読む

ジアウル・ラフマン(ラーマン)

5月30日は、BNPの創設者であり、バングラデシュの4代目大統領であり、現首相 カレダ・ジアの

記事を読む

  • 管理人

    バングラデシュ情報サイト:bangladesh de matuにお越しくださいまして、ありがとうございます。
    このサイトではバングラデシュの生活情報、バングラデシュ旅行者のためのバングラデシュエリアガイドとしても活用していただけるような情報を提供できるよう、日々精進しています。(2017年6月現在、管理人は日本在住です。)

PAGE TOP ↑