*

シェーク・ムジブル・ラーマン

公開日: : バングラデシュの用語ミニ辞典

ボンゴボンドゥ(ボンゴ=バングラデシュ、ボンドゥ=友)の名で、称えられる、シェーク・ムジブル・
ラーマン。アワミリーグ党首シェーク・ハシナの父親でもあります。

彼の人生は、バングラデシュの歴史と共にあるといってよいでしょう。

1920年、3月17日、ゴパルゴンジのトゥンディポラという村に生まれました。彼の父親は、
ゴパルゴンジの民事裁判所の裁判官(当時の階級がちょっと不明なので、あるいは職員かもしれません)だったようです。

カルカッタの名門、イスラミア大学に入学、大学連盟の書記長に選ばれます。このころから、
リーダーとしての才覚を発揮していたのですね。

彼の具体的な政治生命は、1949年アワミ・
スラム教徒連盟の共同秘書としての選挙参加からスタートします。が、その一方で政治犯として拘留されるなどの側面も。
1953年には東のパキスタン・アワミ・イスラム教徒連盟の書記長に選ばれ、組織強化のために没頭し、1954年には国会デビュー、
1966年には党首となります。

彼は、有名な6項目要求(独自の通貨使用、政権の民主化などを含む東パキスタンの自治権要求)
をパキスタン政府に突きつけました。この頃には、彼の影響力は国家的なものとなり、多くの人々を扇動し、現政権を揺さぶるほどになりました。
彼の力を恐れ、2回に渡って投獄しました。これがアガルタラ事件と呼ばれるものです。

が、彼が監獄の中にいようとも、彼に対する民衆の支持は強大なものとなり、民衆の反対によって、
政府は彼を解放せざるを得ない状況に追い込まれたのです。

解放後、民衆は彼にボンゴボンドゥの称号を与えました。

ムジーブは、のべ12年間の監獄生活の経験で、パキスタン支配下の10年間は、母国というよりも、
監獄のようであると感じ、1971年1月3日に、彼は東パキスタンの代表とラムナ公園で厳粛な式を執り行い、
6項目要求の考えに反しない宣言を行ないました。

3月7日ラムナ公園での演説を経て、25日の深夜の「この戦いは、われわれの救いのためであり、
自由のためである」に要約される、歴史的な演説によって、解放戦争の火蓋が切って落とされました。歴史の項で触れたように、この直後、
彼は再び投獄されるわけです。

彼が再びダッカの地を踏んだのは、1971年12月16日のバングラデッシュの解放後、
しばらくたった1972年1月10日のことでした。

独立後、彼と民衆を待っていたのは、過酷な現実でした。
飢えを始めとする何百万の問題が立ちはだかっていました。

治安状況を復活させるために、ロッキ・バヒニ(ロッキ=防衛、バヒニ=戦士)を組織しましたが、
この作戦は失敗に終わり(ロッキ・バヒニ自体も治安を悪化させるようなことをしたといわれる)、彼の支持率は激減しました。その後、
新しく政党を作り、政界を刷新しようとした彼でしたが、裏目に出るばかり。

軍事冒険者のグループは、彼の不安定な状況につけ込み、1975年8月15日、
彼とその一家を皆殺しにしました。

かろうじて2人の娘は、留学のため国外に滞在していたので、難を逃れたのです。そのうちの一人が、
シェーク・ハシナ党首でした。

関連記事

カジ・ナズルル・イスラム Kazi Nazrul Islam

彼は、タゴールと並ぶ、文化創造の旗手。77歳でこの世を去りましたが、詩人としてのみならず、映画、 演

記事を読む

ジアウル・ラフマン(ラーマン)

5月30日は、BNPの創設者であり、バングラデシュの4代目大統領であり、現首相 カレダ・ジアの

記事を読む

シェーク・ハシナ

1947年9月28日、ダッカ・ディビジョン(行政区分:日本でいう地方に当たる?) 内のゴパルゴンジ・

記事を読む

タゴール

インドが生んだ詩聖タゴールの142回目の生誕年には、タゴールTシャツなるものも発売され、 にぎわい

記事を読む

ヒジュラ暦(イスラーム暦)

ヒジュラ暦が正式名称のようですが、別名イスラム暦ともいいます。 イスラム教社会で使われる暦法で

記事を読む

ラマダン

ラマダン=断食とイメージしてしまいますが、実際は、断食を意味する単語ではなく、 ヒジュラ暦での月の名

記事を読む

ハリーム

ダルと肉を煮込んだこってりスープ。 牛肉、鶏肉、ラム肉などがある。 ラマダン

記事を読む

カレダ・ジア

Begum Khaleda Zia。 名前の前についている、ビーガンは英語で「貴婦人」の意味で

記事を読む

  • 管理人

    バングラデシュ情報サイト:bangladesh de matuにお越しくださいまして、ありがとうございます。
    このサイトではバングラデシュの生活情報、バングラデシュ旅行者のためのバングラデシュエリアガイドとしても活用していただけるような情報を提供できるよう、日々精進しています。(2017年6月現在、管理人は日本在住です。)

PAGE TOP ↑