*

バングラデシュの歴史

はじめに: lonly planet 「Bangladesh」の歴史の部分を自分なりに訳し、メルマガで紹介したものを掲載しています。

メルマガ掲載時に、「パキスタンを悪者にしている」との批判メールを1通いただきましたが、管理人の偏見等は一切入っておりませんので、ご了承ください。

独立前の政治背景

このころ、パキスタンを動かしていたのは、アユーブ・カーンや、ヤヒア・カーンなどの軍事政権。2人とも、東パキスタン(現在のバングラデシュの領地)で、大量殺戮など、残酷なことを行いました。そんな中、ムスリム一辺倒の抑圧政治を強制していた与党、ムスリムリーグに対抗して、「東パキスタン・アワミ(人民の)・ムスリム・リーグ(現在のアワミ・リーグ)」が結成(1949)され、1966年には、6項目の要求を基本にして、東パキスタンの自治権を要求しました。
6項目とは、独自の通貨使用、政権の民主化などを含む、よりよい統治のための要求。この運動の中心となったのは、現在のアワミ・リーグ党首、シェークハシナのお父さんである、ムジブル・ラフマン(シェーク・ムジーブ)でした。この動きに対して、パキスタン政府は、インドと結託した反政府運動であるとして、ムジブル・ラフマンらを逮捕したのでした。これが、いわゆるアガルタラ(インドの地名)事件と呼ばれるものです。そして、1970年12月7日。パキスタン独立後、初の下院選挙において、アワミリーグは、前例のない、圧倒的な勝利を収めました(300議席中167議席獲得)。 この選挙を境に、人々は、6項目要求を強力に支持するようになりましたが、ヤヒア・カーン政権は、かたくなに項目を拒否したまま。独立への交渉と戦いが、始まったのです。

独立戦争突入

その後、カーン大統領は、この受け入れがたい事実を前に、議会召集を延期していました。大統領のかたくなな態度に反抗して、東パキスタンでは暴動やストライキが起こるようになりました。この騒ぎを鎮めるために、パキスタン軍が派遣され、チッタゴンでは、市民と軍隊の衝突が起こり、55人のベンガル人が死ぬことになりました。 1971年3月、シェーク・ムジーブとの会談のあと、カーン大統領は、極秘に西パキスタンに戻っていきました。パキスタン軍は、東パキスタンにおいて、暴虐行為を行うようになっていきました。村々は焼かれ、店や家からは、略奪が起こり、大勢の市民が殺されたのです。 ダッカのロムナパークにおいて、1971年3月25日集会が行われました。この場において、シェークムジーブは、東パキスタンの独立を宣言しました。 バングラデシュは、事実上、この瞬間に誕生したといえます。」ムジーブはその後、パキスタン政府によって逮捕され、西パキスタンの監獄に入れられました。この事件によって、東パキスタンの反逆心に火がついたのです。独立側の、バングラ自由戦士、ムクティ・バヒンが、チッタゴンラジオ局を占領し、ムジーブから指示を受けていたジアウルラフマンは、新しい国家の誕生をラジオを通して宣言し、パキスタン軍に対抗して立ち上がるよう呼びかけました。 カーン大統領は、反逆を鎮圧すべく、軍隊を増やし、応戦しました。戦争は、短い期間ですが、血まみれの戦争でした。パキスタン軍のティッカ・カーン軍曹は、残忍な殺し屋軍曹として有名な人物でした。彼は、シェーク・ムジーブ率いる独立軍を抹殺するために、指揮をとり、ムクティバヒニ(バングラ自由戦士)と、その他、知識階層やヒンドウ教徒のような人々は、破壊分子として、機械的に大量殺戮の対象となりました。いくつかの東パキスタン軍(独立側)らしきものが作られましたが、数の面でも圧倒され、援助もない状態でした。 6月には戦いはゲリラ戦になり、市民はムクティバヒニに、加わるようになりました。全土では、パキスタン軍の戦法は、ますます残酷になり、村ではナパーム弾が使われたりしました。

139番目の独立国家

終わりは突然やってきました。インド軍が国境を越え、12月7日にジェソールを解放し、ダッカを取り戻す準備をしました。西パキスタン軍は、西からインド軍に、北と東からはムクティバヒニに、すべての地域は市民によって攻め込まれました。そして、インドの司令官オロラは、パキスタン軍にこう呼びかけました。「親愛なるアブドゥッラー、私はここにいる。ゲームは終了だ。降参したらどうかね。」 12月14日には、インド軍の勝利は確実になり、パキスタン軍曹ニアジは降服宣言に調印しました。そして、バングラデシュは139番目の独立国家として出発したのでした。


  • 管理人

    バングラデシュ情報サイト:bangladesh de matuにお越しくださいまして、ありがとうございます。 このサイトではバングラデシュの生活情報、バングラデシュ旅行者のためのバングラデシュエリアガイドとしても活用していただけるような情報を提供できるよう、日々精進しています。(2014年11月現在、管理人は日本在住です。)
  • 記事更新のお知らせをツイッターでつぶやいています。
    bdematuをフォローしてくださいね♪

    海外旅行HAPPY化計画!

    海外旅行HAPPY化計画では、海外旅行に役立つ情報を紹介しています。

    kaigaisebanner.gif

    海外生活HAPPY化計画では、バングラデシュであったら便利な日本製品や、海外発送OKな楽天ショップからの購買レビューなどを紹介しています。

PAGE TOP ↑